忍者ブログ
思ったことをとりあえず吐き出すところ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


XL2411T買いまんた


前回の記事書いてから我慢しきれずXL2411T買いまんた
XL2411Zが日本上陸するのいつになるかわからないし
144Hz駆動自体は変わらないのでさっさと買った方が幸せになると思って。
あと増税も来るし…

買ってどうだったかを先に言うと満足してます。
見た感じ視界が滑らかになった。
ただ、よくレビューで「ヌルヌル」って言ってる人いるけどそこまでは体感しなかったなぁ…
でも60Hzの液晶と比べたら明らかに違う。
視界を早く振っても敵やオブジェクトを視認しやすくなった。
144Hzと60Hzを比較すると60Hzのほうがざらざらしてる感じがする。

実際にBF4遊んで体感したのは遠くで動く敵に気付きやすくなった。
あと若干K/Dが上がった。
それから命中率が上がった気がする。これは気がする。
この辺体感なので他の要因もあるかもしれないけど

応答時間は1ms(GtG)で今まで使ってたRDT272WXが3.5msなので
その差は2.5msなんだけど1,000分の2.5秒を体感できるかと言われると難しい
けどまぁ応答時間は速いに越したことはないよね

あとはXL2411Tの機能のBlack eQualizerがいい感じ。
暗いとこが明るくなって隠れてる敵が見つけやすい。
ZavodのAとかParacelのCとDの崩壊後の中とか。
前のディスプレイでは設定で明るさを最大まで上げてたけど
真っ暗だったので隠れた気になってた。
それより自然にもっと明るくなって中が丸見えなのでやばい。

気になる人は実際に展示してあるとこで確認できるといいんだけど
リフレッシュレートの設定が144Hzじゃなかったり店頭で流してるデモが
120fpsとか出るゲームじゃないものだったりでいろいろ面倒。
144Hz駆動してるかの確認で一番簡単な方法は60Hzのディスプレイとデュアルディスプレイにしてディスプレイの間でマウスカーソル動かせばXL2411T側のマウスカーソルの残像が倍くらいになるって方法なんだけどこんな環境で展示してるとこはたぶんないよなぁ…。
ちなみに自分が住んでるところの近くには実機置いてるとこなかった…

これ買って発生する問題は120fps以上を常に維持したくなること。
BF4は低画質60fps維持なら割と簡単だけどそれより上を目指すとGPUよりCPUがボトルネックになって大変なことに…
そこでMantleに期待っすね。というわけでMantleに対応した正式版Catalystはよ

あと注意点を挙げるとすればデフォルトの明るさがまぶしくて長時間見てると目がやられるのでゲーム用と割り切るか明るさの設定を下げるか。
プリセットでFPS用とかエコ(明るさ抑えてる設定)とかあるけど設定変えるのは本体のボタンを何度もぽちぽち押さないといけないので面倒。
この点は簡単に切り替えられるスイッチがついてるXL2420TEのほうがいいと思う。
自分はゲーム用と割り切ってweb閲覧なんかはRDT272WX使ってます。
ゲームもweb閲覧もこれ一台で!って考えてる人は設定り替えのめんどさを我慢するか
目に気を遣ってください。


BenQ 24型ゲーミングディスプレイ(144Hz/5ms/フルHD/HDMI×1) XL2411T

コメント欄かTwitterで感想もらえるとうれしいです。

拍手

PR